債務整理したくても費用がないときはどうするの?

オリジナル見出し01

現在の日本には借金問題を抱える方が多くいらっしゃいます。


カードローンやキャッシングは成人の12人に1人が利用しているとも言われていて、その中には多重債務などに陥ってしまい、毎日のように返済に追いつめられている方もいます。



借金は自力返済ができなくなった時点で手を打たなければ、その後はみるみる速さでその額は膨らんでいってしまいます。



ですから、自力返済ができなくなった場合にはなるべく早く債務整理の判断をすることが大切なのです。



債務整理をするためには、まずは法律家に相談をすることが最も有効な方法ですが、なかなかその門を叩けない理由に「弁護士や司法書士に頼むためにはたくさんのお金がかかる」というイメージがあると思います。



確かに依頼する際には費用がかかりますが、法律事務所も債務整理をする人が経済的に困窮していることは百も承知ですから、完了後の分割払いなどに対応してくれます。



また、債務整理の相談の場合にはほとんどの法律事務所が相談料は無料で対応してくれますし、法テラスのようなところを利用すれば相談料も必要ありません。

法テラスを利用した場合でも、依頼費用はいったん法テラスが立て替え払いをしてくれますし、その費用はやはり完了後に分割で返済していけば大丈夫です。



つまり、経済的に苦しいからといって債務整理の法律相談に行かないのは問題を先送りにしているだけに過ぎないのです。


借金問題に苦しんでいる方は、費用の心配などをすることなく、まずはすぐに法律相談に行くようにしてください。


関連リンク

  • タイトル21

    任意整理とは、裁判所などを利用せずに和解する方法を指します。利息を一部カットしたり、借金を減額してくれたりすることが多いです。...

  • タイトル22

    現在の日本には借金問題を抱える方が多くいらっしゃいます。カードローンやキャッシングは成人の12人に1人が利用しているとも言われていて、その中には多重債務などに陥ってしまい、毎日のように返済に追いつめられている方もいます。...